汗腺トレーニングってなに?方法は?




汗腺トレーニングってご存知ですか!?

自然の中では暑ければ汗をかく、というのは当たり前のことです

が、現代の生活ではエアコンが当たり前となり、一年中エアコンで

温度の管理がされているため、汗をかきにくい環境にあります。

そのため、

本来は通常に働いていたはずの汗腺が正しく機能しなくなり、汗が必要以上に多く

なったり、

汗をかいた方がいい時に汗をかくことができなかったり

というように、

汗をコントロールできなくなってしまうこともあるのです。

汗腺を鍛えることで、汗腺の機能を高める効果が期待できます。

これを汗腺トレーニングといいます。

身体にとって必要な汗と皮脂を、必要な量だけ出すための

トレーニングです。

ではどうすれば、汗腺を鍛えることができるのでしょうか。

汗腺トレーニングの方法を紹介したいと思います。

入浴で汗腺トレーニング

入浴はどのように行っていますか?

入浴の仕方を少し変えるだけで、汗腺を鍛えることが可能です。

熱いお湯で汗腺を刺激して、身体の末端をトレーニングします。

(1)まずは、入浴前にコップ1杯の水をに飲みましょう。

(2)浴槽には、42℃~43℃の少し熱めのお湯を入れて、
手足の先(ひじ、膝から下)を温めます。
だいたい10分~15分くらいがいいでしょう。

(3)次に、39℃~40℃のお湯に浸かり、30分くらい半身浴をします。最初に熱いお湯によって交感神経が高まっているので、ぬるめの半身浴で安定させましょう。

(4)入浴後は、すぐに服に着替えないで、清潔なタオルで身体の水分を拭き取った後はタオル地のガウンなどをはおって、しばらく汗を乾燥させましょう。

(5)最後にコップ1杯の水を飲みましょう。お酢ドリンクなどもおすすめです。

岩盤浴やサウナも汗をかくのに最適な場所です。

適度な運動で汗腺トレーニング

適度な運動が汗腺トレーニングになります。

運動を行うことで血行、代謝が良くなるため汗と共に体内の

老廃物を排出することができます。

激しい運動をする必要はなく、ウォーキングや軽いランニングの

有酸素運動の方が「良い汗」をかくのに効果的です。

汗の臭いの原因とは

汗腺にはアポクリン腺とエクリン腺というのがあります。

アポクリン腺から出る汗は、脂肪やタンパク質が多く含まれて

います。 脂肪やタンパク質は雑菌の大好物です。

アポクリン腺から出た汗が皮膚上の雑菌によって分解されること

で、「わきが臭」と言われるあの嫌な臭いを発生させてしまいます。

いっぽう、エクリン腺から出る汗はほぼ水分でサラサラの汗で

臭いもありません。

ところが、新陳代謝が悪いと塩分や尿素を含んだドロドロした

汗となります。

そうすると当然臭いも発生してしまい、さらにアポクリン腺から

出た汗と混ざりあい、臭いが広がる原因にもなってしまいます。

臭いで悩まないための対策

汗は誰だってかきますから、それは仕方のないことです。

さらさらの良い汗をかくためには、新陳代謝をあげ、

身体の中から綺麗にしていることが大切です。

また、皮膚上の雑菌を増やさないように、常に清潔で

あるべきです。

こまめなケアももちろん大事ですが、

臭い対策のクリームを塗って、発汗を抑え、雑菌を

繁殖させないようにすることもケアの一つです。

おすすめは、ノアンデ

菌の増殖を抑え、発汗のバランスを整えてくれるノアンデ

は、わきが臭に悩む方から効果があると評判です。

クリームタイプなので、持続性もあり、持ち運びもできる

ので、いつでも携帯できます。

急なお泊りでも、困りませんよ。

気になる方はぜひお試しになってみてくださいね。

(Visited 13 times, 1 visits today)