デリケートゾーンのにおい対策で重要なのは保湿だった!




デリケートゾーンのにおいを気にしているなら、ケアの仕方を見直

し てみませんか。 いくらデリケートゾーン専用の石鹸で洗ってい

るからと いって、洗いすぎていては意味がないどころか、逆効果 

になりかねません。 以下の行為はNG行為です。 

・タオルやスポンジ類でゴシゴシ洗う

・刺激の強い石鹸やボディーソープで洗う

・使い捨てビデを頻繁に使う

においを気にするあまり、においをこすり落とそうとし てしまうわけ

ですね。気持ちはとてもわかります。 においを消したくて、ゴシゴ

シ洗って、指で触ってにおい を確かめたら、まだにおいがとれてい

ない。 そしてまたゴシゴシ洗う・・・・。 

でも結果どうなったかというと、気付けばデリケートゾーンがヒリヒ

リ 痛み、後悔することになりました。 

それから、使い捨てビデの使用について。

生理の終わりかけに使い 捨てビデを使用すると、膣内に残ってい

る血液などが排出 されて、長引いていた生理が少し早く終わると

いう効果が ありますよね。そういった意味で使用していた使い捨

てビデ でしたが、膣内を洗えばにおいが消せると勘違いして、 生

理とは関係ない日にも頻繁に使用していたことがあります。 

においが消えているかどうかはっきりわかりませんでしたが、 膣

内が綺麗になっていると勘違いしていたのです。 

けれど、これも間違ったケアなんですよね。 

膣内ではデーデルライン桿菌という菌が乳酸をつくりだ してくれて

いるおかげで、膣内が酸性に保たれて、 外からの悪い菌から守っ

てくれているわけです。 このことを「自浄作用」と呼んでいること

は、 よく知られていることだと思います。 洗いすぎによってデーデ

ルライン桿菌が殺されてしまい、 自浄作用が行われなくなること

で、雑菌が増え、結果 デリケートゾーンが臭うということになるわ

けですね。

洗いすぎがNGな理由はもう一つ!

デリケートゾーンの皮膚はとても薄くデリケートです。

元々は潤いが あって老廃物や刺激物から皮膚を保護してくれて

いるの ですが、ゴシゴシ洗いによって、皮膚の潤いがなくなり、 皮

膚がカサカサに! 乾燥してカサカサになった皮膚に 老廃物や汚

れが溜まってしまうのです。 このことからも、乾燥させないこと、つ

まり、デリケートゾーンにも 潤いを与えるための保湿がとても大

だということが わかります。

デリケートゾーンを保湿するにはどうしたらいいの?

デリケートゾーンの皮膚が乾燥したからといって、手持ちの保湿ク

リーム を塗るのはちょっと抵抗がありませんか。

デリケートな部分に適している成分なのかどうかも心配。

しかもお風呂上りにデリケートゾーンに保湿クリームを毎日塗ると

いう行為は、ちょっと面倒 ですよね。

手間もとらず、保湿ができるということで、 

保湿効果の高いデリケートゾーン専用のボディソープ

が おすすめですよ! 

デリケートゾーンの臭いケアも行いつつ、潤いを与え保湿効果もあ

るなんて 一石二鳥ですね。

(Visited 7 times, 1 visits today)