膣内の洗いすぎはNG!正しい洗い方とは




デリケートゾーンはいつもどのように洗っていますか?

「臭いな~」「蒸れてて気持ち悪いな~」

と思って、

それを解消すべくゴシゴシと強く洗っていないでしょうか。

洗ったのに触ると手に臭いがついている

まだ臭いがとれてない

ゴシゴシ洗う

こんなことをしていると、臭いがとれるどころか、より

臭いを強くしてしまう恐れがあるんです。

そして、膣内の汚れや臭いを気にするあまり、膣内まで

洗おうとしてはいけません。

膣内には自浄作用があるので、自然と臭いを抑える働き

があります。

膣の働き

膣内にはもともと善玉菌であるデーデルライン桿菌がす

みついています。

デーデルライン桿菌によって膣内が酸性に保たれて、外

部からの細菌が入らないようにしたり、細菌が繁殖する

のを防いでくれています。

膣は子宮からの分泌液(おりものや生理)がおりてくる ところ。

そのせいで汚れている、臭いがしている、と思って膣内

を洗うのはNG行為です。

膣内に常勤する善玉菌を洗ったことでなくしてしまって

は、本来機能するはずの自浄作用ができなくなってしま

いますね。わざわざ洗わなくても、きちんと膣内を

守ってくれる良い菌がいるのですから、自然なままにし

ておきましょう。

外陰部も強く洗ってはいけませんが、ある程度清潔を保

つためには綺麗にしておかないといけません。

強くこすってしまった結果、気付けばヒリヒリ痛みが・・・

なんて経験ないでしょうか。

ついゴシゴシと洗ってしまいがちですが、陰部の皮膚は

とても薄いので、すぐに傷めてしまいます。
 

外陰部の洗い方のポイント

女性の陰部はとても複雑な構造です。細かく名称があり

ますが、

大まかに、

小陰唇 (大陰唇の内側に左右にある扉のような皮膚のヒダ。)

大陰唇 (大陰唇は恥丘から続く外陰部の外側部分を作る皮膚のふくらみ部分)

陰核 (小陰唇が上部で合わさる部位にあり、女性器の上部にある包皮に

包まれた、小さな突起物です。)

とあります。

これらヒダがある構造の部分を、なんとなくさらっと洗っただけで

は、十分に汚れは落ちないでしょう。タオルなどを使うと感

覚がわからないだろうし、何より皮膚に刺激を与えてし

まう可能性があるので、指の腹部分でそっと洗うのが

ポイントです。



できれば、デリケートゾーン専用の石鹸等を使用しましょう。

なぜなら、デリケートな部分ように作られたものなので、

肌への刺激が少なく、通常の石鹸よりも濃厚に泡立つ

タイプが多いです。泡をしっかりつくり、その泡で洗う

ようにしましょう。同時に黒ずみ解消にも効果的な成分

が入っているものもあるので、デリケートゾーン専用の

石鹸を使うことをおすすめします。

正しい洗い方で陰部の雑菌を繁殖させないよう、

そして垢などの汚れを落とし、常に綺麗にしておきましょう。

(Visited 29 times, 1 visits today)