脱毛後は乾燥しやすい!?デリケートゾーンに使える保湿クリームとは?

デリケートゾーンケア

デリケートゾーンの皮膚は顔よりも薄い!

目の周りや口の周りは特に、顔の皮膚は角質層が薄いと

言われていますよね。

そのため、スキンケアや化粧品の扱いの際には

「こすってはダメだ」

「軽くたたくように」

と教えられます。

薄い角質層を剥がしてしまい、乾燥させたり、

外からの刺激物から肌を守れなくなるからです。 

 

デリケートゾーンの皮膚は、顔よりも薄いと言われています。

デリケートゾーンと言われる場所なだけに、

ケアには慎重にならなくてはいけません。

 

デリケートな場所なのに、最も外からの刺激や

雑菌が繁殖しやすいので、臭いがきつくなったり、

黒ずんだり、乾燥したりとトラブルが尽きません。

春から夏に向けてVIO脱毛をする女性も増えてきます。

脱毛は肌に少なからず刺激を与えているわけですから、

脱毛後の肌は乾燥しやすくなっています。

サロンでは毛の処理の後に保湿ケアもしてくれるかも

しれませんが、自宅で自分で剃ったり抜いたりしている

人はきちんと保湿ケアまでしているでしょうか?? 

 

お手入れ後は肌はとても敏感になっています。

外からケアとして保湿クリームを塗ってあげるだけでも

乾燥が防げるし肌を傷めずにすみます!

角質層が剥がれたり傷ついたりすると、外部からの汚れや

雑菌が入り込みやすくなってしまいます。

通気性の悪いデリケートゾーンは、蒸れることで雑菌が

 

繁殖してしいます。
 

デリケートゾーンの保湿に使えるクリームは?

手軽に購入できて、万能な保湿クリームといえば、

 

ワセリンすね。 

 

赤ちゃんの肌荒れなどにも皮膚科でも処方されるようなものです

 

ので、肌への刺激が少なく保湿効果が高いものになります。

アロマテラピーでハンドクリーム作りに使用される

こともあるので、大人でも一度は使用したことがある

人は多いのではないでしょうか。

ただし、誰にでも肌に合うとは限らないし、効果も人それぞれで

 

す。  デリケートゾーンにも使えるというだけで、デリケートゾーン

 

専用の保湿クリームということではありません。

デリケートゾーン専用のクリームの方が安心する、

という方もいるでしょう。

乾燥対策だけを考えたらワセリンも悪くはありませんが、

やはりデリケートゾーン専用のクリームを使用すること

をお勧めします。

デリケートゾーンの乾燥は黒ずみの原因にもなります。

黒ずみは多くの女性が悩んでいることです。

デリケートゾーン専用のクリームなら、黒ずみの予防、改善

と同時に潤いも与えてくれて、デリケートゾーンにとても

 

優しいクリームです。

潤いを与えながら、黒ずみ改善ができるとも言えますね!!

潤った肌はとても綺麗ですし、見えない部分が潤っていると

自分に自信がもてるようになりますよ!
 

(Visited 86 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました