ワキガの治療にはどんな方法がある?




ワキガで悩む方の中には、手術を検討している方もたく

さんいると思います。手術となると不安も多いでしょう

が、それよりも悩みから解消される期待も大きいことで

しょう。

ワキガの治療はどこでするの?

ワキガの治療は一般的に皮膚科や美容外科で行われてい

ます。ワキガの原因となるアポクリン腺やエクリン腺、

皮脂腺を除去する手術によって治療することが可能です。

ワキガの治療方法とは?

ワキガの手術による治療方法には2種類あります。

直視下手術法」と「非直視下手術法」です。

順番に説明していきましょう。

◆直視下手術法とは

直視下手術法とは、医師が直接手元を見ながら

行なうことです。さらにこの方法には、

切除法」と「剪除法」の2つの種類があります。

切除法はわき毛の生えている皮膚を取り除く

方法です。アポクリン腺の取り残しがないので、

非常に再発の低い方法と言われています。

剪除法は脇の下を切開し、器具を使ってわきが臭

の原因となる汗腺を一つ一つ丁寧に取り除いて

いきます。アポクリン腺を確実に除去し、

除去した汗腺は再発しないため半永久的に治療

効果が期待できます。健康保険の適用が認めら

れており、多くの病院で行われているほど代表的

な治療方法です。デメリットとしては、

他の手術法に比べると傷跡の長さが長くなります。


◆非直視下手術法とは

非直視下手術法とは、術後の傷跡を考慮した

手術法で、

「皮下組織吸引法」

「超音波吸引法」

「皮下組織削除法」

などがあります。

皮下組織吸引法は、皮膚に小さな穴をあけ、

アポクリン腺やエクリン腺、脂肪腺などを

吸引する方法になります。傷口が目立たな

いというメリットもありますが、アポクリ

ン腺が残ってしまうこともあるので、完全

除去とは言えません。

超音波吸引法は、超音波を発生させアポクリン腺などの

汗腺を破壊しながら吸引していきます。皮下組織吸引法

をベースにした手術方法です。皮下組織吸引法よりも効

果が高いとされていますが、アポクリン腺を全て取り除

くのは難しいと言われています。

皮下組織削除法は、皮下組織ごと削りアポクリン腺やエ

クリン腺を除去する方法です。傷口は小さく済むし、

効果も高いとされていますが、ワキをしばらく固定する

必要があり回復までに時間がかかります。また、医師に

も高い技術力が求められます。

病院選びも重要!

手術を受けるのであれば、病院選びは重要です。

きちんと信頼のおける医師を探し、後悔のないようにし

ましょう。

カウンセリングの際に、気になることはきちんと確認し

納得の上で手術を行ってくださいね。

(Visited 26 times, 1 visits today)